婚活パーティー必勝法

婚活パーティーでカップルになるための必勝法をまとめてます。
婚活パーティーに行ったことがある人は分かっていると思いますが、カップリング成立するのは美男・美女だけではないですよね。
カップルになっているのは印象の良い人ですが、おしゃべりが苦手な人は悪い印象も、良い印象も与えません。
という訳で、

  • 異性から良い印象を得る必勝法が知りたい
  • 口ベタでもうまく会話する必勝法が知りたい

という方に向けて記事を書きます。

婚活パーティーで好印象を得るための3つのポイント

もちろんお顔が良いに越したことはないのですが、
大事なのは、

  • 服装・身だしなみ
  • 笑顔
  • 会話

です。
人の印象は3秒で決まると言われているように、第一印象は極めて重要です。

婚活パーティーでの服装・身だしなみ

「TPOに合わせた服装にする」と言われれば当然なのですが、「それってどんな服?」となる人もいますよね。

男性なら、カジュアルなジャケットを羽織り、シャツもちょっとおしゃれ目のものが良いでしょう。
ネクタイはなくても良いです。

 

女性の場合、季節・年代によっても様々ですね。

ワンピースなら、肌の露出が多すぎず、程よく体のラインが出る清楚な印象のもの。
ふくよかな方は体のラインが出ないワンピースを選ぶことがありますが、もっさりした印象になりおすすめできません。
スカートも女性らしさをアピールできて良いですね。短すぎず長すぎない適度な丈のものを選びましょう。
平日のパーティーなら仕事帰りの参加になると思いますが、着替えを持っていくけば解決すると思います。

言うまでもないですが、セットをしていないボサボサ頭は論外。
普通で良いのですが、もし気合いを入れるなら、パーティーの前に美容師にセットしてもらっても良いでしょう。
男性の場合、爪をキレイに切りそろえておきましょう。無精ひげも論外です。

それから、汗をかくような仕事をしている人は、仕事終わりでパーティーに参加する場合、ニオイが気になりますよね。
可能であればシャワーを浴びてから参加できると良いですが、無理なら体を拭くウェットシート等を活用すると良いでしょう。

笑顔

笑顔はその人の印象を大きく左右します。
いつでもヘラヘラしてろということではありませんが、緊張しているとつまらなそうに見えます。
もしあなたが人見知り、会話が苦手、緊張するということがあるのなら、意識して笑顔を作る位で丁度良いかと思います。

会話

まずはプロフィールカードで気になる相手との共通点を探しましょう。
共通点があれば、それを中心に会話を続けやすくなります。
趣味、出身地、住んでる場所、仕事、将来の目標・・・等、何でも良いです。

それらをきっかけに話が弾んだら、今度は、
休日の過ごし方、最近の映画で気になるもの、好きな食べ物、言ってみたいところ等に話を広げて、一緒に行きたいね、という流れに持っていきましょう。

 

 

結婚相手を探しに来ているので、落ち着いてお話できる人と思ってもらえた方が、印象は良いです。

相手が口下手な感じであれば、こちらがリードしてあげると良いですし、
そうでなければ、聞き役に回っても良いでしょう。
微笑みながら相手と目を合わせて話を聞き、あいづちを打つように意識してください。

念のために言いますが、下ネタはNGです。。。

婚活パーティーの進行に合わせた必勝法解説【5つの極意】

プロフィールシート記入の極意

プロフィールシートはしっかり記入しましょう。
パーティーでの話題のネタになります。
パーティー会場に着いてから考えているようではダメです。
事前に考えておきましょう。
よくある項目を以下に記載しておきます。

名前、年齢、住所、一人暮らし/同居、血液型、身長、星座
たばこを吸う/吸わない、お酒飲む/付き合い程度/飲まない
職業、勤務地、最終学歴、得意料理、結婚歴、家族構成
年収、ペット、休日の過ごし方
資格・特技、好きなテレビ番・映画、趣味・興味のあること
自分の性格を一言で言うと、好きなタイプ、好きな食べ物
デートに行きたいところ

記載内容は一工夫しましょう。
例えば趣味ですが、「読書」とだけ書くのではなく、「読書(ミステリーが好き!)」「読書(カフェでのんびり)」等と書けば、会話が広がります。
男性が「料理(スパイスでカレー作り)」「バーベキュー(まんが肉焼きます!)」等と書いていると、食べてみたいと思ってもらえるかもしれませんし、料理ができる男子は結婚相手として好印象です。

嘘はいけませんが、インドア系とアウトドア系のネタを仕込んでおくと、どちらのタイプの異性にも話しかけてもらいやすいです。
例えば、キャンプと読書。キャンプはやってみたいこととして書いても良いですね。
記載にギャップがあると、興味深い人と思ってもらえるかもしれません。

最後に、
字は丁寧に書きましょう。達筆でなくて良いのですが、雑に書くと「大雑把」、「育ちが悪そう」というマイナスの印象を持たれてしまうかもしれません。
なので、会場には早めに到着して余裕を持って、落ち着いてプロフィールシートを書きましょう。

自己紹介の極意

プロフィールカードは会話のネタの宝庫!
最初の挨拶は先手で笑顔。笑顔を作ると緊張がほぐれるんです。やってみれば分かります。
名前はフルネームで言ってください。その方が印象にも残りやすいです。
あとは、出身地、趣味、休日の過ごし方位を言えば良いでしょう。
プロフィールシートで書いている内容なので、難なく話ができると思います。

相手の自己紹介を聞いたら、積極的に話題を振りましょう。
是非、「あなたに興味があります」「好印象です」というオーラを出してください。
でもあまりガツガツしてはいけません。
自己紹介の後の第一印象で投票してもらえるように好印象の人になれるようにしましょう。
お互いに好印象だと思えれば、「フリータイムでもお話させてください」なんて言ってみても良いかもしれません。
ここで印象に残れば、後のフリータイムで誰も来てくれないような寂しいことにはなりにくいです。

第一印象投票の極意

ここはできるだけ多くの人を投票しておくと良いでしょう。
その後のフリータイム等で、気になる相手に好印象であることを伝えることができるチャンスです。

フリータイム成功の極意

フリータイムは、気になるお相手に話をしに行きましょう。
自己紹介のときの会話の続きと、プロフィールシートから話のネタはたくさんあると思います。
デートにつながるような、映画や食事等の話に持ち込めると良いと思います。

カップル希望投票の極意

婚活パーティーによって違いますが、だいたい第三希望くらいまで投票できます。
印象の良かった人がいればできるだけ多く記載した方がカップル成立しやすいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
パーティーに慣れないという人もいると思いますし、緊張してしまう人もいると思いますが、
自分が楽しむことが一番。そうすれば自然と笑顔になり、積極的にもなれるので、気になる相手にも魅力的に見えると思います。

素晴らしい出会いがあることを願っています。